このサイトではリノベーションを成功させるために、知っておきたい基本情報を詳しくご紹介しています。

大規模改修をするには、最初に改修後の完成イメージを持つことが大切です。

具体的にどのようにしたいかを明確にしていなければ、理想を形にするのが難しくなります。

さらに大規模改修をした物件を比較する際のポイントも解説しているサイトです。

耐震性能は蔑ろにできないので、耐震基準の見直し前の物件の場合には注意が必要になります。

リノベーションを成功させるために!知っておきたい基本情報を詳しく紹介!

住宅のリノベーションをして、理想的な間取りやデザインにしたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

そのような時に成功させるためには、まず基本情報を押さえておくことをおすすめします。

建物を全て取り壊して立て替えしなくても新しくすることができるリノベーションですが、出来上がるまでには様々な工程が必要です。

初めに計画を立てるとともに調査が必要になり、工事を始めるのはその後となります。

またあまりに古い建物の場合、耐震性能に難がある場合も考えられるので注意が必要です。

建築基準法が改正される前の物件の場合、耐震基準が異なることがあるからです。

それからローンを利用する場合、一般的な住宅ローンよりも金利が高いことがあります。

リノベーション物件を選ぶときに注意しておきたい業者

リノベーション物件は、賃貸でも購入でも近年大人気です。

賃貸なら築年数のわりに綺麗な状態でありながら、家賃は比較的安いためお得です。

購入する場合も自分が住みやすい理想の住まいに間取りなどを変更できますから、満足できる可能性は高いでしょう。

しかしリノベーション物件は、人気が高まる一方でトラブルの報告も増えています。

注意点を守らずに決めてしまうとトラブルに巻き込まれる可能性もあるので、気をつけて選ぶようにしましょう。

リノベーション物件を選ぶときに、最も注意したいのは取り扱っている業者です。

優良業者ならお客さまに寄り添いながら販売をしているので、必要な情報はすべて公開し透明性を高めていますし、さまざまなサポートも提供しています。

しかし悪質な業者の場合は、販売や賃貸に不都合な情報は隠しています。

たとえばリノベーションをする前の問題点を隠していたり、工事内容についても説明してくれないのでトラブルが起きる可能性は高まるでしょう。

ですからリノベーション物件を選ぶときには、ホームインスペクションと呼ばれる住宅診断を受けるのがおすすめです。

第三者の専門家に物件の状態を確かめてもらうことにより、安心してリノベーション物件を選べます。

リノベーション工事で住まいの収納スペースを増やす

不用品を処分すれば、家の収納スペースが増やせます。

明らかに不要な家具や家電は処分し易いですが、思い出の品々や趣味のコレクションなどは捨てにくい物です。

思い切って捨てたとしても、後で後悔してしまうかもしれません。

不用品を手放すことも大事ですが、発想を切り替えてリノベーション工事を検討してみるのも良いでしょう。

例えば、家の中で余っている部屋をリノベーション工事で、大きな物置に変えてみるのも面白いアイデアです。

収納スペースが広がれば、趣味のコレクションや家族の思い出の品も安心して保管していけます。

空き部屋にリノベーション工事で、壁一面に本棚を取り付けてもらえば、たくさんの書籍が片付けられます。

漫画や図鑑、小説や百科事典などは巻数が増えると片付け場所に困る物です。

大容量の本棚があれば、家族みんなの書籍が無理なく片付けられ、空き部屋が雰囲気の良い書斎になります。

入手困難な書籍類は捨てると、再び購入することが難しく、リノベーション工事をして専用の保管場所を設けるメリットがあります。

子育て世代が自宅をリノベーションするときのポイント

子育て世代にとっては、子どもと一緒にいられる時間はかけがえがないものです。

リノベーションによって大切な時間を確保しやすくなります。

例えば対面式のキッチンは、子育て世代の主流になりつつある定番スタイルです。

親が料理をしながら、リビングで遊ぶ子どもをしっかりと見守ることができます。

オープンな壁付のキッチンと比較しても、ベビーゲートの設置も容易で小さな赤ちゃんの安全対策もしやすいです。

子どもが小学校に入学したら、リビングで勉強をしている様子を見てあげることもできます。

自然に会話も生まれやすく、家族のコミュニケーションが円滑になりやすいです。

浴室や浴槽をリノベーションするには、親子で入浴できる広さを確保するのがポイントです。

浴室を拡張するために設計されたユニットバスや、ワイドサイズの浴槽をあらかじめ選んでおくと、既存の浴室の広さを変えずにリノベーションすることもできます。

色々と施行してくれる企業に相談をするのも良いです。

脱衣所を広めに確保しておくのも良い方法なので、空間に余裕がある人は検討してみるのも面白い選択肢です。

在宅ワークにも最適な、リノベーション工事とは?

在宅ワークを行う場合には、出来るだけ仕事に集中したいものです。

プライベートと仕事を隔てなければなりませんので、出来るだけ周りの雑音をシャットアウトする必要があります。

そうすることで仕事に集中できるようになるからです。

その為にはその為の専用部屋を作るための、リノベーション工事を施すということもあります。

そのような部屋を作るためには、間取りを変更したりする場合もあります。

壁やドアは防音の物に変えるのがベストでしょう。

リノベーション工事では、間取り変更は良く行われる工事です。

リフォームでは、新築の状態に戻すことが多いので、間取り変更のようなことは行いません。

しかし、リノベーションでは新築同様にするのと同時に、家そのものを大きく変更することが出来るのです。

このように在宅ワークを充実させるためには、防音の壁やドアなどを利用した、リノベーション工事が最適と言えます。

こうすれば、仕事もはかどる確率が上がることでしょう。

リノベーションにより大幅に変えられるデザイン

今の住宅のデザインに納得が出来ないという人もいるのではないでしょうか。心地よく住めるような家にするためにはリノベーションをするのが良いかもしれません。
リフォームよりも大規模な改修であるリノベーションでは、今ある建物のデザインも大きく変えることが出来るのが良いところです。例えば昔ながらの和風の住宅をシンプルで木目の温かみが感じられる北欧風にしたり、シックな印象のフレンチテイストにしたりすることもできます。まるでカフェのような住まいにすることも出来る場合があります。しかしリノベーションをせずに、これらのような住宅の見た目を大きく変更するのは難しい場合が少なくありません。一部分だけを変えるだけでは、住まい全体の印象の統一感が得られないこともあるからです。その点、間取りや内装・外装を変更することが可能になるリノベーションなら、住んでみたかった自分の好みに合うようなお洒落な住宅にすることができます。

リノベーションを中古戸建物件でおこなうときには

新築の戸建て住宅を購入するのではなく、中古戸建物件を購入してリノベーションをしてから住もうと考えている人もいるのではないでしょうか。
住宅の選択肢が増えたり、新築よりもお得な価格で入手することが出来たりする場合もあるので中古住宅のリノベーションはおすすめです。しかし購入する前に知っておきたいポイントもあります。その1つは、実際に住み始めるまでに時間がかかるということです。建物を調査して工事をすることになるため、出来上がりまでに時間を要します。また建ててから年月が経過している物件では、耐震基準が変わる前に造られていることがあります。その場合では耐震性能が今の基準に満たないこともあるでしょう。それからリフォームローンは住宅ローンよりも高いことも知っておきたいところです。そのためローンで支払いをする予定の場合には、物件の購入から工事まで依頼できる会社を利用することを検討するのも良いかも知れません。

リノベーションをマンションでする場合のポイント

古いマンションの部屋を新しくリノベーションをしようと考えている人もいるのではないでしょうか。戸建ての住宅であっても、マンションの場合であってもリノベーションの工事を行う際には、スムーズに工事を終えて暮らし始めることができるようにしたいものです。
理想の住宅を造ることだけでなく、その後の生活こそが重要になるからです。滞りなくスムーズに工事を終えられるようにするため、工事をする前にはまず今一度リノベーション可能な範囲を確認しておくことをおすすめします。集合住宅の場合には共有部分と専有部分がありますので、リノベーションが出来るところと出来ないところがあります。誤って共有部分の工事をしてしまうことのないようにする必要があるでしょう。また事前におこなう必要がある管理組合への申請を忘れないようにするほか、工事を始める前には周辺の住民の方々に挨拶をしておきます。これによりトラブルを回避できる可能性が高まります。

リノベーションを行う前に建物の耐久性と耐震性のチェックは必須

リノベーションは建物の大規模な改修工事のことで、床や壁や天井を解体して躯体のみにしてから新たに建物に価値を与える工事を行う場合もあります。
リフォームと違い新築時の機能回復ではなく、新築時以上の機能の付加が特徴のリノベーションは工事を行う前に注意しなければならない点があります。築年数が長い物件が多いリノベーションでは、建物の耐久性と耐震性のチェックがとても重要です。マンションや戸建住宅どちらを施工するとしても、元々の枠組みは変えることは出来ず再利用して施工を行います。その際に元の枠組みの耐久性や耐震性をチェックして、劣化の状態を正確に診断して必要であれば補強工事を行なうことになります。マンションの施工を検討中という人は、枠組みの補強工事はマンションの管理者が行なうものでよく確認することが大事です。経験豊富な業者を選び施工に関して、相談しながら安心出来る家づくりをスタートさせることをおすすめします。

リノベーションにも対応しているローンもある

リノベーションでは新築住宅時を上回る住宅性能をもつことを指向するため、施工内容は大掛かりになりがちです。リフォームと異なり故障箇所の修繕や一部の住宅機器を、新しいものへ取り替えて新築したときまで、住宅性能を回復させるのとは対照的に間取りの変更などの大掛かりな工事も可能です。
もちろん基礎となる住宅という枠内での施工になりますが、自由度が高い変更も実現可能なのは大きなメリットといえます。中古住宅を安い価格で購入して、リノベーションにお金をかけて理想のマイホームを実現するという層が、増加を見せているのもこのようなメリットを意識してのものです。施工が大掛かりで自由度が高いと言うことは、反面で予算も大きくなりがちということを意味します。自己資金では賄いきれないときは、リノベーションにも対応するローンを利用するのも選択肢です。普通の住宅ローンよりも金利が高く返済期間も短めなどの違いはありますが、予算の確保が難しいときは金融機関に相談することをおすすめします。

著者:森沢治夫

福岡県行橋市生まれ。趣味でリノベーションに関する記事を書いています。

福岡のリノベーションはこちら